ニュース&コラム

ホーム » ニュース&コラム一覧
2018年2月27日(火)

埼玉県自治体の自転車賠償責任保険加入への取組

埼玉県では4月1日より自転車に賠償責任保険を義務化条例を議会で可決しました。いよいよその4月が間近となり、各市町村での促進のための広報が盛んになってきているようです。川越市でも直近の市報において保険の種類や内容の概要までを特集していました。なかでも個人だけではなく事業所も対象となっていることは気を付けたいところです。これらの動向に伴い弊社にもたくさんのお問い合わせをいただいております。詳細はお気軽にご連絡ください。


2018年2月22日(木)

山村学園短期大学ご入学予定の皆様へ

ご入学おめでとうございます。
ご入学手続書類と共に【学研災付帯学生生活総合保険】加入パンフレットをお届けしております。
ご確認いただき、ご利用くださいますようご案内申し上げます。

※4月1日入学式 カフェテリアにてご説明ブースを設けております。


2018年2月6日(火)

水道管の破裂にご注意ください。

おはようございます。今朝も冷え込みました。このところ水道管の凍結による破裂が続いています( ;∀;)。お取引の業者様によると先日の雪前後では3桁台の破裂事故があったそうです。
破裂は水道料金も高額になるために、未然に防ぐことにこしたことはありません。寒冷地にお住まいの方は常識なのでしょうが、水抜きをしておくことです。水を出しながら元栓を占めるという手順です。
まだまだ寒さは続きます。お身体と共に、お住まいの管理も大切ですね。


2018年1月14日(日)

感謝

蝋梅のつぼみも膨らみ始めました。春もあと少し!

蝋梅のつぼみも膨らみ始めました。春もあと少し!

新年早々、家族が入院、手術をしました。大病でもなく、数か月前から予定されたものでしたが

やはり、本人も家族もちょっと大儀だなと思うのが実感です。これが、突然で何の心の準備も

無かったらと思うとかなり不安ですね。そして、ここへお金の心配もしなければならなかったら、

心的負担は、増大したかもしれません。

自分が当事者になってみて、自分が就いている仕事を見直す良い機会となりました。

当たり前の日常と家族への感謝と共に始まった2018年。微力ながら、お客様の安全安心の毎日に

貢献したいと実感する年の初めです。


2018年1月5日(金)

新年あけましておめでとうございます。                            ~事務所便り新春号を掲載いたしました。

新年あけましておめでとうございます。
昨年に引き続き、自動車の進化を代表にモノとインターネットの結びつきが今年もさらに進むようです。
経験したことがない社会はリスクも予見し難いために、常に学習し情報提供を心がけ、生活や事業をご支援できればと考えております。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

2018年新春


2017年12月27日(水)

年末年始営業のお知らせ

年末年始は下記のように営業いたします。
平成27年は12月29日(金)の午前中まで営業いたします。
平成28年は1月5日(木)より営業開始いたします。
事故・故障のお客様は(ロードアシスト)
0120-119-110


2017年10月17日(火)

平成30年4月より自転車保険加入義務化 埼玉県

10月13日埼玉県県議会は「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例の一部を改正する条例 」を可決し、平成30年4月1日より施行することとなりました。
この条例により、商品の形は違っても、自転車利用者には賠償責任保険の加入が義務となります。
条例も含めてお問い合わせお待ちしております。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/jitensya/jitensyajyourei.html


2017年9月14日(木)

金風の候

 

最近、どこからともなく金木犀が香る時期になりました。

朝晩も過ごしやすくなったので、近所の堤防を散歩すると曼珠沙華の花が一気に咲き始めました。

まさに”秋”ですね。

弊社から、ほど近い日高市の巾着田も、今週末の三連休は、見頃の予定です。曼珠沙華の群生地としては、全国的にもかなり有名なので、一見の価値ありです。

連休でお出かけの際、安全運転はもちろんですが、その日だけ、友人や親のお車を借りて、運転される場合の事故を補償する ”ちょいのり保険” という自動車保険が、あります。ご興味がある方は、ホームページをご覧ください。

安心安全に、楽しい秋の連休を満喫してください。

坂戸曼珠沙華開花!


2017年9月1日(金)

名への思い・・・

2年半前、転居と同時に、自宅に芝を、植えました。 当初、全く根が張らず、このまま枯れていったらどうしようと悩みましたが、一冬超え、翌夏には、青々と目を楽しませてくれるようになりました。半面、盛夏の時期は、週に一度、芝刈りが必須作業です。

 

以前読んだ小説に、国名や人の名前には、とても縁起の良い意味や、希望が含まれていると書かれてました。例えば、昔の中国に「唐」という名がありましたが、それは、広大なという意味があり、領土拡大を切望してつけたのだろうと・・・。

 

日本人の苗字に”芝”という字を、散見します。”強く丈夫に育つ”という意味を、込めたのかなどと、猛暑の中で芝刈りをしながら、勝手に想像してました。

 

ちなみに弊社取扱の”R”の名が付いた商品は、戻る=リターン(R)の意味が込められています。ご興味をお持ちの方は、是非ホームページなどで、ご覧ください。

 

芝刈り直後!

 


2017年8月24日(木)

【剣道日誌】昇段

夏の六・七段昇段審査会が終了した。同じ連盟で長く稽古をともにする先生69歳が、十数年の挑戦で六段に見事昇段され、その努力に感動した。

 
剣道の段位は初段から十段まであるが、現在八段位が最高である。よく「試合に勝ち、強ければよいのか」とか「名誉で昇段できるのではないか」と聞かれるが、そうではない。簡略に述べると「お相手を攻め、打つべき機会を作り、そして正しく打てたか」である。偶然にあたっても、無理に打っても評価されない。特に六段以上は全国審査となるために相当なレベルとなる。受有者は力やスピードだけではない真の強さがある。

 

翌年から七段への挑戦が始まる。誰しも受審するからには受かりたいのだが、正しく打つにはこの感情を捨てることかもしれない。

Y先生おめでとうございます!